初めてお金を借りる

これまで一度もお金を借りたことがないという方は、申し込みなどでも不安でいっぱいになってしまうのではないでしょうか。ローンにもよりますが、実際のところは申し込みや利用の手続きはとても簡単になっている商品が多いですから、そのような不安は持たなくてもよいと言えるのですが借りられるまでは確かに心配してしまうものでしょう。

 

まずどんな点が一番気になっているのかをはっきりとさせるというのも良いでしょう。「本当に借りられるのだろうか。」「審査に通らなかったらどうしよう。」「借りられても返済がきちんとできるのだろうか。」「借りて返せなくなってしまったら取り立てに来るの?」と様々な心配が浮かび上がってくるかもしれません。

 

審査に通るかどうかは申し込みをしてみないと分かりません。これまでお金を借りたことがないという方は、延滞の履歴などが残っていないという点から考えれば審査は通りやすいということも言えるでしょう。しかし逆にきちんと返済するかどうかは分からないから、高い金利での借り入れスタートとなるかもしれません。この審査は各金融機関が自社の基準に基づいて行うものですから、申し込み者がどれほど心配をしたところでわからないものなのです。

 

返済に関してはサポートがきっちりとしている金融機関も多いです。最少返済額が低くなっていて、毎月の返済での負担を少なくできるところもあります。また、返済日前などにメールで通知される所もあり、ついうっかりと返済を忘れてしまうということを防げるようになっています。まずは自分で返済シミュレーションをきっちりとしておき、返済サポートが充実しているローン商品を選ぶようにしましょう。

 

取り立て等は不安を感じる方も多いのですが、現在の金融機関では消費者金融も含めて遅れて即取り立てとなることはまずありません。返済遅れの場合には電話連絡が入り、その後郵便などで督促状が送られてきます。また万一取り立てに来る場合にも、貸金業者の場合は法律で厳しく取り立て方法を決められています。違反すれば営業できなくなるわけですから、大声や深夜の取り立ては絶対に行われません。

 

今ローンは利用者が借り過ぎたり多重債務に陥ったりすることのないような、安心して利用できる状態になっています。不安は必ず解決できるはずですから、初めての方も自分が使いやすいローンを選ぶようにしましょう。

カードローンには種類がある

お金借りるときの手段として便利なカードローンがあります。消費者金融のキャッシング、銀行カードローン、クレジットカードのキャッシング、これらが主にはお金を借りるときの方法になるでしょう。

 

どれもシステムは同じです。申し込みをして審査があり、融資限度額が決定します。その融資限度額の範囲内は自由に借り入れができる方法であり、返済は月に一度でもそれ以上でも構いません。

 

完済をしても契約はそのまま続行されています。解約をするまではいつでも融資限度額の範囲を借り入れることができます。

 

それがカードローンです。

 

融資限度額は返済能力と信用力を考慮した審査によって決められています。これまでの債務との付き合い、収入や支出の状況が審査に影響をします。

 

どのカードローンでも融資限度額の範囲内でお金を借りるという仕組みは変わりありません。システム自体は変わりがありませんが、その一つ一つが異なります。

 

例えば申し込み方法の種類や、金利や返済方法など項目ごとに特徴が異なるため自分にとって最適な状況を見つけ出していくことが必要です。

 

カードローン選びでは、まず、現在の状況を整理することから始めなくてはなりません。

 

  • 資金使途
  • 借り入れたい希望の金額
  • 毎月の返済額
  • 返済方法(近くにあるATM)
  • 希望の完済予定

 

まずはこれらを明確にしましょう。それらによって適切な借り入れ先が異なります。例えば資金使途が明確であればカードローンではなく各銀行で提供しているフリーローン(多目的ローン)が向いているでしょう。

 

少額の借り入れであれば無利息期間のあるカードローンを検討したいところです。完済予定が長期にわたるのであれば比較的金利が低い銀行カードローンにしておきたいところですが、完済予定が短いのであれば消費者金融の金利でも問題はないでしょう。

 

適切な借り入れ先は異なります。健全な利用をすることは契約をした後のことです。今、考えなければならないのは自分に合ったカードローンを見つけることができるかどうか、ということでしょう。